敬老の日のクエスチョン

敬老の日とは、長年にわたり社会に貢献してきた高齢者を敬愛し、その長寿を祝う趣旨で1966年に制定された国民の祝日の一つであります。国民の祝日に関する法律によると、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことが趣旨とされています。
敬老の日の由来を見ていくと、その歴史は1947年まで遡ることができます。兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)では、1947年9月15日に村長である門脇政夫氏が「老人を大切にして、年寄りの知恵を借りながら村をもっと繁栄させよう」という趣旨で開催した「敬老会」が始まりであると言われています。この日取りは農閑期にあたることと、気候も穏やかな時期である為に決められました。
1948年7月には国民の祝日に関する法律が制定され、こどもの日や成人の日は定められたものの、高齢者のための祝日は定められないままになりました。これを受けて村長の門脇氏は1948年9月15日に開催した第2回の敬老会において、9月15日を「としよりの日」として村独自で祝日とすることを提唱しました。その趣旨は県全体へ広がりをみせ、1950年には兵庫県が「としよりの日」を制定することになり、1951年には社会副協議会が同日を「としよりの日」と定めて、9月15日から21日までの1週間を運動週間と設定しました。
その発祥地でもある兵庫県多可群野間谷村が、こどもの日や成人の日があるのに対して、老人を敬う日がないのはおかしいとの声を上げ続けていきます。このような流れの中で、この運動は全国的に広がりを見せるようになり、1965年に「敬老の日」が制定されることになったと言われています。
質問
敬老の日に何をする?
回答
敬老の日は長年社会に貢献してきた高齢者に敬意を表して長寿を祝う日です。そのために、親や祖父母などに対して、家族や親戚が集まるお祝いの食事の席を設けたり、感謝の気持ちを込めたプレゼントを贈ったりします。地域や高齢者施設でもお祝いのイベントを開催し、地域の高齢者の長寿を祝う会を行います。