敬老の日の由来

敬老の日の由来は、兵庫県多可郡野間谷村(現多可町八千代区)で執り行われていたとしよりの日だとされています。1947年(昭和22年)9月15日に野間谷村村長、門脇政夫氏が「年寄りを大切に、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と敬老会が開かれたのがその始まりです。9月15日は野間谷村の農閑期であり、気候も良いことからこの日が選ばれました。
ときは移り1948年月に国民の祝日に関する法律が制定された際に、こどもの人、成人の日は定められたものの、お年寄りに関する法律は定められることはありませんでした。これを受け門脇氏は、その年の第2回敬老の会で9月15日を敬老の日に定めるべきだと提唱し、兵庫県内の市町村にもは働きかけていくことになったのです。この意見は多くの賛同を受け、1950年兵庫県ではとしよりの日を制定、その後老人の日に名称が変更され、1963年の老人福祉法において9月15日は老人の日、9月15日から21日までは老人週間に定められました。
そして、ようやく1966年に国民の祝日に関する法律の改正があり、としよりの日は敬老の日として国民の休日として制定されることになったのです。
現在は2001年(平成13年)の祝日法改正で9月15日から、9月の第3週に日にちが変更され現在に至っています。